色々なプリンタインクで高画質印刷を

プリンタインクにはとてもたくさんの種類のインクが販売されています。プリンタのメーカーによるインクカートリッジの形状の違いもあれば、他にも機種によるカートリッジ形状の違いもあります。プリンタ製造メーカーの純正品によるプリンタインクもありますが、最近ではプリンタ製造メーカーの純正品ではないプリンタインクも販売されています。純正品ではないタイプのインクは印刷後の画質が若干違うものの、しかしほぼ同等程度の画質において綺麗に印刷を行う事ができます。プリンタのインクは純正品が標準的な価格で販売されているとすると、その一方で若干リーズナブルな価格で販売されている非純正品を購入するユーザーも増えてきています。画質に印刷のクオリティーを求めるケースであれば純正品の方がクオリティーは高いですが、しかしテキストデータを印刷するような場合ではほとんど非純正品においても見分けが付かないような印刷を行う事ができます。


そのため一般的な事務用途などではリーズナブルな非純正品のプリンタインクが活用されているケースも多くなってきています。プリンタインクは機種ごとにカートリッジが違っています。インクジェットプリンタのプリンタインクとレーザープリンターのプリンタインクとでは、インクカートリッジの形状も、そして印刷を行うための仕組みも違っています。それぞれインクジェット式のプリンターと、レーザープリンターとでは印刷を行う際の方式が違っているため、インクジェット式のプリンターのインクカートリッジをレーザープリンターのインクカートリッジとして活用を行う事はできません。それぞれ専用のカートリッジが販売されているので、プリンターの機種ごとにある形状に適合したプリンタのインクカートリッジを購入して装着を行います。プリンタのインクカートリッジの形状は購入間違いがないように番号が記載されているタイプもあります。この番号を参照して手持ちのプリンターの形状と適合しているタイプのインクカートリッジを購入してセットアップを行います。インクカートリッジを装着して、しばらく印刷を行っていると印刷された紙にかすれなどが出てくる事があります。


これはインクジェットプリンターの場合、プリンターノズルのインクノズル噴射口にゴミなどが詰まっている時に起こる問題です。インクジェットプリンターにはクリーニング機能が付いているため、このクリーニング機能を活用して、定期的にインクのノズル噴射口のクリーニングを行う事が大切です。