純正と純正以外のプリンタインクについて

インターネットなどでプリンタインクを探すと、色々な種類のプリンタインクが売られている事がわかります。これはメーカーや機種による種類が多いという事ではなく、純正品以外のプリンタインクがとても多くあるということなのです。プリンターに利用するプリンタインクは、純正品を利用して故障をした場合、プリンタの保障期間の中では無料で修理をしてくれます。しかし、純正品以外のプリンタインクを利用している時に、保障期間の中で故障をした場合は、有償修理となるのです。また、保障期間が過ぎても、純正のプリンタインクを利用していれば修理費用は安くて済みますが、純正品以外のプリンタインクを利用している、修理費用が高くなると言います。そのため、故障が起きる時の事を考えて、出来る限り純正品のインクを利用した方が良いのです。しかし、このインクというものは正直とても高いものだと感じます。

これは誰もが同じ様に考えていると思われますが、何故ここまで高いのかと不思議なものです。その分、プリンターの価格は安くなっていますから、もう少しインクも安くして欲しいと願う人も多い事でしょう。ですが、プリンターと言うものは1度購入すれば、そう簡単には買い替えをしません。これは安いプリンターであっても十分利用価値がある製品であれば尚更です。そうなると、メーカー側はプリンターでは多くの利益を得られませんから、消耗品でもあるインクで利益を出そうとしているわけです。そのため、インクは高い。と言う事になるのです。しかし、純正ではないインクはとても安くて便利です。純正以外のインクを利用していて故障が起きると逆に割高になりますが、考え方によっては、純正ではないインクを利用して、安いコストで抑えておけば、ランニングコストは安くなります。そして故障が起きた場合はプリンターは安いわけですから買い替えてしまえば良いと言う考えを持つ人も多いのは事実です。そうなると、プリンターもインクと同じで消耗品と考えても良いのではないでしょうか。しかし、プリンターと言ってもピンからきりまでありますので、高価なプリンターともなれば、買い直しなどをしていれば逆に損をしてしまうわけです。

あくまでも安価なプリンターであればランニングコストを抑えるために、純正以外のインクも利用しても良いわけですが、そこそこの価格のプリンタであれば断然純正のインクを利用している方が良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*