プリンタインクを交換する

プリンターを使っていて考えることは、プリンタインクのコストパフォーマンスです。プリンターにはそのプリンターに合ったインクが販売されていますが、コストパフォーマンスを考えるとどうしても汎用品やリサイクル品に目が行ってしまいます。純正品のほうが良いとプリンター本体には書かれています。汎用品やリサイクル品を使用していて万が一故障した場合修理を拒否されるのではないかとかいろいろ言われていますが、修理拒否ということは無いでしょう。最近のプリンターは本体価格も下がっているのでよほど高額のプリンターでない限り修理のことを心配しなくてもいいのではないでしょう。プリンター本体の価格が下がっているので余計ランニングコストが高く感じるのかもしれません。特に、純正のプリンタインクは交換するたびに高く感じます。確かに純正のインクを使ってプリントするときれいですし発色もいいしきれいが長持ちもしますが、たくさんプリントする時にはインクの減りも早くインク代もばかにはなりません。


そんな時には、安く販売されている汎用品やリサイクル品を購入して交換するという解決方法があるのです。確かに、多少画質が落ちるかもしれませんが、プリンター用紙を変えてみたりすることできれいなプリントが出来ます。純正品を店舗で購入すると定価の3割引きぐらいで購入することが出来るでしょうがそれよりも互換品や、汎用品が安いのです。それよりもリサイクル品はさらに安く購入することが出来ます。それでもまだコストを下げたいときには詰め替えをするとさらに安くプリンタインクを手に入れることが出来ます。純正のプリンタインクでも汎用のプリンターインクでも交換する手順は変わりません。まれに、汎用品のインクを交換した後にプリンタを使用する時にインク残量が表示されないということもありますが、使用するのに支障はありません。また詰め替えインクは、慣れないとうまくできないこともあるかもしれませんが、慣れてくると簡単にインクを補充することが出来ます。インクをうまく補充しないとインクが漏れてしまうかもしれません。慣れてくると、一番コストパフォーマンスが良いので手放せなくなるかもしれません。リサイクル品は純正のカートリッジにインクを詰めなおした物なので環境にも配慮した製品といえるでしょう。


リサイクル品も家電量販店で販売されています。純正品も汎用品もリサイクル品も同じプリンタインクのコーナーで販売されています。