インクジェットプリンタはプリンタインクなどが低価格になり企業も導入しやすくなりました

プリンタの現在の主流は企業などではレーザープリンタが多く家庭用ではインクジェットプリンタが主流です。レーザープリンタは以前は本体もトナーも高価ですが印刷に使用する用紙は安く高速で大量にモノクロ印刷する場合は高品質で音も静かでオフィスで使用するには最適でした。インクジェットプリンタはよく年賀状の印刷に使用され最近はインクジェットプリンタ専用の年賀状用紙もあるくらい一般的なものになりました。このようにインクジェットプリンタはカラー印刷する場合に便利で、用紙も写真印刷の場合などは専用の印刷用紙が必要ですが非常に綺麗に印刷ができます。CD-ROMのディスクにもカラー印刷が可能です。そして年々本体も低価格化が進み、印刷品質も改善されてきました。ただ、印刷用紙も写真用の特殊な用紙も高価でプリンタインクも高価で一枚あたりの金額はモノクロ印刷の場合でもレーザープリンタに比較すると高価な印刷となります。


しかも以前のインクジェットは印刷速度も遅くとてもビジネスには不向きだったのです。しかしカラー印刷ではレーザープリンタが本体も高価でしかもプリント単価も高価でオフィスにもなかなか普及はしていません。しかし、最近のインクジェットプリンタは印刷スピードも速くなり、カラー印刷用紙も値段が下がってきました。何よりもプリンタインクの値段も下がってきています。特に高価な純正のインクを用いなくても非常に綺麗にカラー印刷できます。以前は互換インクは品質が悪いものがありプリンタ本体の故障の原因にもなっていましたが最近はこのようなこともなくなりました。このようなインクジェットプリンタをビジネスにも使用できるとみて多くのオフィスでインクジェットプリンタの利用がすすんでいます。さらにプリンタインクの低価格化とインク容量の大容量化も進みプリンタインクの交換も少なくなりつつあります。また、プリンター機能のほかにスキャナーやFAX機能などを搭載した複合機と呼ばれるインクジェットプリンタもあります。企業などでは設置スペースの点でこのような複合機の利用が便利で導入が進んでいます。さらにUSB接続のほかにLAN接続対応や無線LANで接続可能なプリンタも現れ離れた場所でも使用可能でネットワーク内であれば複数台のパソコンからも印刷ができるようになりました。


このように技術の進歩と印刷用紙やプリンタインクや本体の低価格化によりさらに購入しやすい商品になりました。